Clef de Beau-Marketing

2018/4/2創刊★美容マーケティングに特化した業界専門Webメディア Clef de Beau-Marketing (クレド・ボー・マーケティング)

コラム一覧

2018 / 01 / 04  10:18

【ビューティーフード/インナービューティー】【業界時事】機能性表示食品ガイドライン改正 健康・美容業界へ2018年の新しい切り札になりえるか

「機能性表示食品」ガイドライン改正

昨年末ごろ、機能性表示食品のガイドラインが改正されました。
健康産業ニュースによれば、改正ポイントは4つ。
①定性分析のための指標(資料)を添付すること
②臨床研究はトクホと同じヒトと対象とした臨床を用いること
③研究論文等の査読も対象としたこと
④18・19歳も成人と同等と認められた場合での研究結果を引用できること

改正ポイントから、より身近でかつ明確な情報の開示、安全性・信頼性の底上げ などが読み取れます。

機能性表示食品の届出等に関するガイドライン構成は、対象食品となるかの判断→安全性の根拠→生産・製造及び品質の管理→健康被害の情報収集体制→機能性の根拠→表示の内容→申請 と大きく変わりはありません。
(ガイドラインは、消費者庁のHPより確認できます)

機能性もブランディングの要素に?2018年の新しい見方とは?

機能性表示食品は、施行当時より申請・認可がスムーズになり、機能性成分の数や製品も大分増えてきたと言われています。
そもそも機能性を明確にすることで、一番貢献できることが「消費者への情報開示(誤認の解消)」になりますが、当初から私はマーケティング的要素があると見込んでいました。マーケティング的にいえば、これは差別化のひとつにもなりえ、機能性表示食品として認可さえているという安全性・信頼性へのブランディングになります。
当社では申請自体のサポートをしているわけではありませんが、マーケティングやブランディングとして、各種申請等に関わることのお手伝いをさせていただくこともありますので、効率的なサポートが行えます。
消費者への”良い”見せ方を生かして、今年はマーケティング戦略として、申請済みの製品もこれからの製品も、新しい形で活用してみてはいかがでしょうか。

2018.05.27 Sunday