Clef de Beau-Marketing

2018/4/2創刊★美容マーケティングに特化した業界専門Webメディア Clef de Beau-Marketing (クレド・ボー・マーケティング)

コラム一覧

2017 / 08 / 31  11:34

【美容・インナービューティーマーケティング】ハラルの美意識と健康。ビックマーケットへの美容業界の可能性は?

ハラル諸国へのビューティー&ヘルスニーズとは?

アラブや東南アジア諸国におけるいわゆる"ハラル層"。
7,8年近く前に調査したところによれば、ハラルの女性は美意識が高いと言われています。
意外と知られてないのですが、女性のヒジャブの下は、しっかりスキンケアやメイクアップを施しているのです。
現在も、その意識は変わっていないといいます。

宗教上の理由から、化粧品の処方にまで配慮されなければならないというルールがあり、
また国や宗派によって、厳格なところとそうでない部分があり、
基本的には豚などの動物由来原料を使用していない製品であることが条件です。
こういった製品としてクリアしたものには、ハラル認証をつけることができ、
美容・健康業界においては、特に海外製品のナチュラル製品に認証が付いていることが最近の風潮です。
海外製品の日本流通においては、ハラル認証があるからということで差別化になるとは現状まだ言い難いですが、
なぜナチュラル製品に認証が付与されるかといえば、この基準をクリアしていることはもちろんのこと、
欧米などでは、"宗教上配慮した"という視点が差別化になるからです。
またハラル諸国でも、より高品質なものということで、オーガニック製品は選ばれているという傾向になることから、ハラル×オーガニック という要素も好まれています。
これにより、海外のナチュラル&オーガニック製品において、ハラル認証を取得することが求められているんですね。

世界のムスリム人口は16億人(2010年データ:農林水産業)と言われ、
日本のナチュラル&オーガニック製品、化粧品、美容フードのニーズは非常に求められています。
弊社でも、専門知識×語学力のほかに、東南アジアの国とのパイプを強めています。
今後も引き続き、注力していきます。

2018.09.25 Tuesday