Clef de Beau-Marketing

2018/4/2創刊★美容マーケティングに特化した業界専門Webメディア Clef de Beau-Marketing (クレド・ボー・マーケティング)

コラム一覧

2017 / 01 / 30  13:05

【輸出入マーケティング】【ブログ】化粧品産業の輸出を盛り上げるには?!



先日のコラムの内容を受け、今日は経済産業省のご担当の方とお会いしてきました。

日本の化粧品はどうしても国内優先の流通がメインで、流通スタイルも本当に独特です。
大手の場合だと進出企業も多いですが、インドネシア・タイ・ロシア・香港・(上海)などでは、実は日本のバラエティコスメを中心に需要があります。女性の美意識が高かったり、バラエティ調のカラーメイクが好きだったり、あと1番にコスパの良さがありますよね。
しかし、日本の中小企業の進出がなかなか乏しい現状にあるのは、(現場的にはしょうがないことではありますが)店舗配荷のみが先行し、流通+自社の営業・販売 が中心になりすぎてしまい、あまり外に目を向ける余裕がないということもあります。
これは実際、私がメーカーにいた時に非常に感じていたことでした。(返品リスクも考える日々。また売れないとすぐ廃盤になります。販社に入れたら終わり、という暗黙の概念もどうにか改善できないでしょうか。)
また現場の意見ですが、理由は一概には言えないのですが、暗黙の了解的に中小では海外に出すことが珍しい印象です。

しかし、海外からのニーズが高いのに、これは非常にもったいないことですよね。
価格帯+クオリティ では、世界に勝負できる内容なので、海外進出には是非ためらわず進んでいただきたいと思います。


今や、これまでのマーケティング概念がガラッと変わりました。
海外で売るには日本でもある程度売れていなければいけませんが、
今までの流通スタイルのみならず、マーケティング戦略や明確な訴求を打ち出せば、効果的に販売力を高めることができます。

よく日本のテレビなどで「〇〇(外国)でコレが流行っている」と話題になっても、実際現地の人たちに聞いてみると知らなかったり、「確かにあるけどそんなに・・・」ということがよくあります。
大ヒットまではいかなくとも、今にあったマーケティング戦略で、ウソではないヒットを生み出し、ブランディングも明確にして、それらをアピールにして海外へ向かうだけで、中小でも大きなインパクトになるのではないでしょうか。

このような感じでいろいろと話題が出て、次への可能性を模索でき、大変光栄な機会をいただくことができました。
国の専門機関では大きな母体で大きな戦略を行いますが、残念ながら化粧品の現場知識に乏しかったりする場面もあります。
弊社は、現場知識を生かしたマーケティング+語学のきめ細やかなサポートにより、中小企業の進出への足がかりになればと思います。

2018.05.26 Saturday