Clef de Beau-Marketing

2018/4/2創刊★美容マーケティングに特化した業界専門Webメディア Clef de Beau-Marketing (クレド・ボー・マーケティング)

コラム一覧

2016 / 02 / 24  13:43

【輸出入マーケティング】中小企業の海外展開には

海外展開、または海外製品の参入を検討する企業が増えています。

『市場参入の方針の決定には、中長期目標の設定、ターゲット顧客、展開商品や品揃え、販路、営業戦略などがありますが、中小企業の海外市場開拓には、①ターゲット市場の絞込み ②差異化(差別化) ③広く販路を確保する が上げられています。』 (日経産業新聞 2月11日付けより抜粋)


上記3つのポイントは、「海外展開の3C」とも呼ばれますが、これに分野別施策が関わってくると私は考えます。
特に化粧品や食品などは、国民性などを考慮した専門的な見解や各国の法律に沿っているかが必須となります。
TPPの影響か、製品輸出を視野に入れている中小企業が増えてきた傾向にあり、メイド・イン・ジャパン製品の海外展開が活発になってくるのではないでしょうか。

また同様に、海外製品の輸入も近年とても増えてきています。
特に化粧品の輸入は新規事業としては大変おもしろい分野ですが、これも同様に法律や専門的見解が必要になります。化粧品輸入には、薬事法(旧名称)に基づいた対応が必要で、薬事の専門家に依頼することも多いと思います。
薬事の専門家のご意見は最もですが、その中でうまく訴求を絞り出し、成分の並べ替え、商品名の決定、使い方提案など美容業界やターゲットに即した市場提案が必要不可欠になります。
私は独自にこれを『薬事前戦略的サポート』と呼んでいて、大変好評をいただいています。

これに付随して、海外製品を扱う場合や世界進出を視野に入れるには、効果的な“翻訳ディレクション”が重要です。
英文資料や規格書の英訳など、翻訳者に出すことも多いと思いますが、それらに戦略的なテイストを入れることも翻訳チェックにおいて重要なポイントになります。(適宜開催する「翻訳ディレクション講座」では、そのコツをお教えしています。)

輸入化粧品の参入は、コツを掴めばとても参入しやすい分野です。
食品についても規制や法律、またオーガニックなど一部の製品ではこれもコツが必要です。
市場が動きやすいこれらの分野には、引き続き注目していきます。

2018.05.26 Saturday