Clef de Beau-Marketing

2018/4/2創刊★美容マーケティングに特化した業界専門Webメディア Clef de Beau-Marketing (クレド・ボー・マーケティング)

コラム一覧

2018 / 04 / 02  10:00

【ビューティーフード/インナービューティー】拡大するアンチオキシダント市場

アンチエイジングの要素を多く含む「アンチオキシダント」。私が提唱するビューティーフードの基盤にもなっています。
ビューティーフードとは抗酸化栄養素を多く含む食材や製品と定義して、美容フード履修プロコラム「ビューティーフードIQ120」などでも説明していますが、
アンチオキシダントは、端的にいえば、健康の大敵となる様々な要因から発生する活性酸素を除去するものです。(これらの様々な要因や仕組みなど、同プログラムでも解説しています。)
インナービューティー先進国では摂取が一般的になっているサプリメントや機能性食品、栄養ドリンクなど様々な製品で、健康をサポートしています。

米専門調査によれば、グローバルのアンチオキシダント市場は29億2000万ドル(2015年)となり、2022年までには45億3000万ドルにまで達すると見込まれている、非常にポテンシャルの高い市場です。
健康や美を追求する消費者は知識を増やし、自分にあった”アンチオキシダントフード”を求めるものであり、特に高齢化社会が進む国々では注目されやすいです。また、過酷なスポーツを仕事とする人々、スマホの普及により敵視されているブルーライトによる目や脳に対する健康被害、アンチオキシダントを豊富に含むベリーをはじめとしたフルーツへの人気など、既に様々なアスペクトやニーズが存在しています。これにより、各社が様々な研究開発が行われるようになりました。
昨今話題になっているのが、“スーパーフード”の「逆輸入素材」と呼んでいるクルクミンです。インナービューティー先進国のアメリカでは、クルクミンに関する製品やサプリメントなど、市場でもやは見ないものはありません。また、これに加えてナチュラルな要素も求められるようになってきました。実際には、「コンフィデンシャル×ナチュラル」となるといわれていますが、ナチュラルなアンチオキシダント市場は2022年までに41億4000万ドルにまで達すると見込まれているのです。
最近では、化粧品の分野において、アンチオキシダントの要素が出てきているのには大変興味深さを覚えます。(化粧品の動向については、後日のコラムにて)

技術革新や移り変わる美容・健康トレンドにより、消費者がアンチオキシダントを求めていく理由が刻々を変わってきます。これこそが時代にあったアンチエイジングと言えるのではないでしょうか。

2018.06.19 Tuesday