Clef de Beau-Marketing

2018/4/2創刊★美容マーケティングに特化した業界専門Webメディア Clef de Beau-Marketing (クレド・ボー・マーケティング)

コラム一覧

2017 / 12 / 28  10:30

【ビューティーフード/インナービューティー】美容・健康業界のGreenへの追及を果たすには ~植物由来食品とNon-GMOへの需要拡大~

Plant-Based FoodとNon-GMOのニーズ

以前のコラムでも書かせていただきましたが、Plant-Based Food、すなわち植物由来食品へのニーズの高まりが目立ちます。米国の市場規模では、310億円と年々増加しています。
“Green”とひとえにいっても、単純に“ナチュラル”という志向ではなく、環境への視点が求められます。美容・健康業界に近しい分野では、ナチュラル&オーガニックですが、日本でナチュラル&オーガニックといえば、一般的に農薬・化学肥料使用の人体への悪影響が心配されることが多く、こういった「安心・安全」の視点が主流になりすぎていて、まだまだ遅れている部分もあります。先進国でナチュラル&オーガニックと言えば、環境への配慮がいかにされているかということが主流です。私が、ナチュラル&オーガニックの分野でも広く語っているポイントです。(日本では、さらなる消費者教育も必要になります。)
この環境の視点から、植物由来の原料を好む傾向がうまれ、さらにナチュラル&オーガニックであればなお良いという嗜好が広がりました。

ナチュラル&オーガニックの一部ともいえる、Non-GMO。この市場規模も、2018年までを通して年12%も成長しています。
特にカナダや米国では、トウモロコシ、大豆、キャノーラなどの95~99%はGMOの種子を使って栽培されてきたことから、Non-GMOへの需要は業界において大いなる挑戦になります。また、Non-GMOの製品の識別や普及・啓蒙のために、認証マークもあります。
以前も書きましたが、日本では食用のGMO原料は禁止されていますので、特に注目すべきでもないのですが、「ナチュラル&オーガニック」や「グルテンフリー」などと合わせて美容と健康を意識する層にとっての、判断基準の一つとなってきているのです。
また、GMOはある意味“人工的な状態”ですから、元々の生態系への悪影響や、強いては生物多様性の観点で、「Greenではない」といえるかと思います。
なお、Non-GMOの表記については、海外製品で特に多くみられるものです。海外製品では、俗にいう“スーパーフード”や健康食品などで多くみられるので、それらのブランディングや差別化として言及すると、よりニッチな層へのアプローチが可能です。
逆に、日本製の製品の海外展開でも、逆にNon-GMOをうたうことで、より信頼性を提供できる場合もあるかと思います。

弊社では、コスメでも美容フードでも、海外製品でも日本でも、『“Green”への追求』に合わせた効果的なアプローチをご提供しています。
持論である『革新的ビューティー論』でもよく論じていますが、新しい取り組みとしての期待が高まります。

2017 / 12 / 21  10:32

【美容・インナービューティーマーケティング】“スーパーフード”市場定着に必要な日本独自のマーケティング手法とは?

俗にいう“スーパーフード”や私が提唱する『ビューティーフード』は、オーガニックコスメ同様、海外と同じやり方ではなかなか浸透しにくいということがあります。そこで、日本独自のマーケティング手法が必要になります。兼ねてより“スーパーフード”マーケティングをサポートしてきた当社ならではのメソッドです。

海外の高機能食材・製品の導入には


“スーパーフード”や美容フード(ビューティーフード)は、いうまでもなく、美意識が高い属性の注目が非常に高いです。インナービューティー先進国である米国では、このような世代をミレニアル世代と言っていますが、日本のミレニアル世代と大きく違う点があります。それは食生活や食文化です。
近年、マーケティングではITの普及で革新的な流れがおきており、シェアマーケティングや年代に捉われないコミュニティ・マーケティングが主流です。このようなミレニアル世代と直接強力なリレーションがある当社では、消費者に向けた直接的なアプローチを行い、市場への適合性を高めます。

(⇒★業界情報提供のほかに、当社が運営するワンランク上の美容ポータルサイトbeaute d'Or(ボーテ・ド・オール)を活用します)

また、日本人の食生活に定着させるために、単に食材や製品の紹介だけでなく、企業側が“スーパーフード”や美容フード(ビューティーフード)の本質を理解し、付随するキーワード(ナチュラル&オーガニック、Non-GMO、グルテンフリー、ハラル、など)も理解して、消費者アプローチに取り組むことが重要です。本質を知っているとそうでないでは、定着度合いに差が出てきます。

(⇒★beaute d'Or内で提供している美容フード履修システム『ビューティーフードIQ120』では、インナービューティー関連の商品を扱う企業の社内研修や美意識が高い消費者に向けた、食事から正しくキレイになるメソッドを提供しています。企業向けには、特別コンサルティングメニューもご提供しています。
(⇒★2 インナービューティーに関する最先端情報やトレンド情報提供など、随時または継続的なご提供をご希望の方は、「最前線インナービューティー・アナライズ」や、「ビューティーフード・インナービューティー通信」をどうそ。)

このようにして、企業側もしっかりと土台を作った上でブランディングを行い、市場属性にあったコミュニティへのマーケティング・訴求開発が重要です。

日本の“スーパーフード”を広めよう


海外製品のみならず、日本にも“スーパーフード”と言われているものがあります。当コラムでは、“逆輸入素材”として度々お話しています。
日本製品の需要は当然のごとく兼ねてからあり、2020年に向けてさらなるチャンスとなります。当社では、業界の専門的なアプローチから、海外進出のサポートも合わせて行っています。語学力にご不安があっても、的確なサポートを行います。
(☆日本のスーパーフードについては、コチラをご覧ください。)

“スーパーフード”導入・進出をご検討中の方には


このように、様々な形で“スーパーフード”・美容フード(ビューティーフード)のアプローチが考えられますので、
まず導入を検討されている方は、個別コンサルティングからお伺いできますので、是非ご検討ください。
(⇒★インナービューティー最前線セミナーを随時開催しております)

2017 / 12 / 19  12:38

【ご紹介】業界誌I.B.ヘルスケア51号に執筆しました。美容・健康業界の2018年展望とは?

業界誌『I.B.ヘルスケア』 51号(11月30日発行)に、執筆させていただきました。

51号表紙.jpg

 

51号概要モノクロ.jpg

2018年の業界展望、オーガニックコスメ、“スーパーフード”などについて。
是非ご覧ください。

2017 / 12 / 15  12:48

【ビューティーフード/インナービューティー】健康・美容業界の2018年グローバルトレンドを徹底解剖!

グローバル規模で健康ブームが定着しつつある健康・美容業界。2018年のグローバルトレンド分析が発表されています。
キーワードは、①Full Disclosure ② Self-Fulfilling Practices ③ New Sensations  ④Preferential Treatment ⑤Science Fare です。

日本ではもはや「安心・安全」の代名詞になっている「情報開示」。実は、グローバルではまだ遅れている部分があります。AmazonとWholeFoodsでも同様の流れなのですが、アメリカでは2018年に向けて、FDAが食品表示の透明性を呼びかけており、健康ブームに拍車をかけています。日本は未成熟ですが、エシカルで環境に配慮した視点が入った「ナチュラルへの転換」が増加しています。ここで、安全と信頼を買うというところで、情報開示された製品が求められてくるというわけです。

いろいろなトレンドが生まれる中で、意識の高い消費者の中には、様々な情報・製品をバランスよく組み合わせたものをセルフケアとして作り上げていくという風潮があります。同様に、ネガティブに作用するものは排除する傾向があります。日本で言われているセルフケアとの概念とは少し異なりますが、要は、型にはまることなく、自分に合ったものを選定して取り入れるということです。SNSの一般化により、それをシェアするのが’今どき’の消費者です。

食品・美容フード、健康ドリンクをはじめとした製品で新しい視点となるのが、テクスチャーという考え方です。特にiGenerationと言われる10代から20代前半の世代に多いのですが、先述の‘今どき’消費者にもあるように、味覚以外の様々な感覚を研ぎ澄ませて、製品を選ぶという視点です。日本ではインスタ映えという言葉があるように、視覚的要素も人気です。リアルな言葉で広く発信していくので、彼らをターゲットにしたマーケティングには有効ですよね。

これまで基本的な食材は店頭で購入することが主流な時代から、オンラインやモバイルでの消費行動が目立ってきています。Amazon×Whole Foodsのニュースも、これに拍車をかけています。ある種の業界的イノベーションです。
自宅へのデリバリーや定期配送などを使って補充するという利便性はもちろんですが、製品カテゴリーを超えて様々な製品を一緒に購入できるメリットがあることから、“セルフケア”を実践できます。また、Recommendation機能を使ったマーケティングにも有効ですね。

様々な技術革新により、食品業界は新しいイノベーションとなりえる次世代ステージにきています。革新的ビューティー論を持論としている私にとっては、とても興味深い内容です。そのイノベーションとは、従来の伝統的なファームの横に、研究所が併設されていかに栄養素を効率よく摂取するかなど研究が始まるといいます。食品化学というべきか、農産物・加工食品など、より健康や美を追求するようなメソッドが化学エビデンスに基づいて確率されるというのは、大変興味深い話です。今後の展開が期待されます。


次回のコラムでは、このようなグローバルトレンドを受け、日本の健康・美容業界の2018年展望を考えます。

2017 / 12 / 05  12:52

【ビューティーフード/インナービューティー】日本の“スーパーフード”を世界に広めよう

メイド・イン・ジャパンの世界の需要(米国ニーズ)

昨日、北米の経済動向を聞く機会がありました。自動車や不動産、外食産業など多くの日本企業が5大主要都市に進出しているといいます。政権や税制の問題などいろいろなテーマが伺える米国経済ですが、日本製品の価値はもとより、サービス業ではきめ細やかなおもてなしの心が求められているようです。
また、クール・ジャパンというスローガンも意外に浸透しているようで、日本食の人気から日本はとても身近な存在のようです。

以前も書きましたが、美容・健康業界の進出はかなり足踏み状態です。
中小メーカーの化粧品はもとより、健康食品など加工食品もニーズは高いのですが、やはり英語力と独自のブランディング、マーケティング手法が必要になります。

日本の“スーパーフード”が突破口になるか?!

何度もお伝えしてきましたが、スーパーフードは定義がなく、一般的には「海外の珍しい食材で、栄養価が高いもの」と認識されている場合が多いですね。このカテゴライズ通りに言うとすると、(一部の)“スーパーフード”を含めた抗酸化食材を私はビューティーフードと呼んでいますが、私の言うビューティーフードとしても、俗にいう”スーパーフード”としても該当する、日本古来からある優れた食材が、いま海外で注目されているのです。
特にアメリカでは、ターメリック、昆布、ケール、などが人気で、私はこういった日本古来のスーパーフードをある意味「逆輸入素材」と呼んでいますが、こういった食材はアメリカをはじめとした海外で新しい市場にになり得ます。

まず、“スーパーフード”的、ビューティーフードとしてその食材の本質を理解して、海外トレンドに合わせた独自のマーケティング戦略とミレニアル世代に合わせた戦略で、海外進出への足かがりを作りましょう。

(当社では、パートナー企業様を募集しています。お気軽にお問い合わせください)

 

1
2018.05.26 Saturday