IoTからみるマーケティング

GEのインダストリアル・インターネットを始め、2015年度の革新的キーワードといえば、

IoT

ではないでしょうか。

ご存じのとおり、IoTのもはや代表戦略のように見られているのが、GEのインダストリアル・インターネットです。
GEが打ち出すインダストリアル・インターネットの概念では、マーケティング戦略の高度化という見方があり、これにより、アメリカでは新しい市場創造もされようとしています。

マーケティングとは異なりますが、IoTの分野こそ、日本では一部実施している現状もありますが、まだGEと同じようにオープンソースでなかったり、それに伴う人材の不足などが叫ばれていますね。

日本のIoT自体の実現は、まだまだGEのようにはいかないのではないかとも言われていますが、

実はこの仕組み自体が巧みなマーケティングだと言われている説もあります。

IoTが日本でも広く認知されるようになると、IoT が企業の製品あるいはサー ビスの売上増をもたらす様々な仕組み作り・戦略に貢献することが期待されますので、これをマーケティングに当てはめると、マーケティングにおいても新しい価値観や手法などが生まれるような革新がやってきます。

もともとあるような概念でもあると言えばそうとも言えるのですが、この新しい創造は各分野がこぞって挙げてくるでしょう。

どのような付加価値をつけるのか、そしてそれが受け入れられるのか、それぞれの業界での活用が見物です。

化粧品や食などの業界においても、当然のごとく未開発ですので、構想を巡らせております。