スーパーフード・ブームで再注目の栄養素とは?

スーパーフードで再注目された栄養素

昨今のスーパーフード・ブームで、植物性食材が多く注目されています。
植物性たんぱく質も注目されていますが、食品から摂りにくいとされるビタミンDについて注目しています。

ビタミンDの主な作用としては、骨形成やカルシウムの恒常性の維持とされており、とても重要な栄養素です。
鮭など魚から摂れ、それだけでは限りがあるので日光浴をすることがかつては一般的でしたが、
麻の実などのスーパーフードで、ビタミンDを含むものが出てきました。
植物由来のものなので、吸収もされやすいと言われています。

ビタミンDにまつわる新発見

最新研究によると、ビタミンDのサプリメント摂取により、過酷な喘息発作のリスクを軽減する作用があるとされています。
血中のビタミンD濃度が低下すると、小児喘息や大人の喘息のリスクを増やすということに関係していることがわかりました。
サプリメントの調査なので、食材からだけ摂る場合はこれに積極的な作用が働くとは言い難いですが、
食材から安全に摂取するという点では、一つの方法として十分ポイントとなるのではないでしょうか。
もちろん疾患については、医師の診断が優先されますが、
日頃の食生活から気を付けられるということも消費者への理解として大切なことだと考えます。