アマゾンは“スーパーフード”の宝庫!新種の“スーパーフード” 「アランブラッキア」とは? 

新種スーパーフード「アランブラッキア」とは?

巷では珍しいものとして認識されているケースが多い“スーパーフード”。
これには、南米やアフリカなど亜熱帯地域で自生または栽培されている作物が多くあり、その抗酸化力に関する研究がなされ、原産地以外の先進国で産業が発達しています。

今回は、まだ未開の?スーパーフード「アランブラッキア」についてです。
アフリカのタンザニア周辺で自生するアランブラッキアは、その木の実を加工して「アランブラッキアの実オイル」として、アイスクリームや植物バターなどの原料として使用されている原材料です。アメリカでは近年、機能性食品として業界で話題になっています。
スーパーフルーツに分類されるであろう「パンノキ」も栄養価が高く、バターやマーガリンの代わりにパンに塗って食べる食べ方がオススメされていますが、同じようにアランブラッキアの実オイルもそれ自体をパンなどに塗って食べることもできます。

アランブラッキアの実オイルに含まれる抗酸化成分と、プラント・ベーストのトレンドから、消費と産業利用に注目が高まっており、ビューティーフードの分野からもとても注目しています。

また、アランブラッキアの木が絶滅危惧種に指定されていることから、持続可能な産業利用が実行されています。

 

続きは、インナービューティー・アナライズ001 「新種スーパーフード『アランブラッキア』のヒミツと持続可能な開発」をぜひお求めください。